So-net無料ブログ作成

家庭用脱毛器で脇毛を処理する時のコツと注意点


エステで脱毛をしてもらえばきれいに脇毛を処理することができますが、そのためには何度もエステに通う必要があるので多大な時間とお金がかかります。

どのくらいの費用がかかるかは回数や店舗によって様々ですが、全身コースを選択した場合は30~50万円くらいかかるのが一般的です。

しかし、家庭用脱毛器を使えばあまり時間とお金をかけなくてもきれいに脇毛を処理することが可能です。

家庭用脱毛器といってもそれなりに値は張りますが、エステに通うよりはずっと安く済みます。

値段はメーカーによって様々なですが、ほとんどが高くても10万円以内で購入できます。

それでも高額なので一括払いで購入するのが難しいという場合は1回3,000円程度の分割払いで購入できるものもあります。

また、エステで処理してもらう場合は自分の恥ずかしい部分を見せることになるのでどうしても抵抗があるという人も少なくありませんが、家庭用脱毛器を使えば自分で処理できるので恥ずかしい思いをしなくてもすみます。

また、家庭用脱毛器を使えば自分の好きな時間に脇毛を処理できるので時間の融通が利くというメリットもあります。

家庭用脱毛器を使う時のコツは使用前に肌をしっかりと冷やし、使用後もしっかりとクールダウンすることです。

こうすることで肌荒れをしにくくする効果があります。

保冷材などを使って冷やすと肌が冷たくなり過ぎるという人は氷水に浸してから軽く絞ったタオルで冷やせば程よく肌を冷やすことができます。

できるだけ早く効果を得ようとして出力を高くし過ぎるとやけどをしてしまうことがあるので注意が必要です。

特に肌が弱い人が初めて使用する場合はなるべく低い出力から始め、大丈夫なようなら徐々に出力を上げていくという使い方をした方が無難です。

また、脇に傷がある時に使用すると肌トラブルの原因となることがあるので傷が治ってから使用することが大切です。

光脱毛器を使用する場合はサングラスをかけるなどして照射光から目を守るようにすることも大切です。

また、脇にほくろがある場合はメラニンに反応して火傷をしてしまうことがあるのでほくろにシールや絆創膏を貼るなどして照射光が直接当たらないようにします。

使用後は飲酒や運動、入浴などはなるべく控えるようにすることが大切です。

夏場などでどうしても汗を流したいという場合は低めの温度のシャワーを軽く浴びる程度なら特に問題はありません。

数ある家庭用脱毛器の中でも利用者からの評価が高いのがケノンです。

ケノンは業務用並にパワーがあるので処理スピードが早いですし、使い方が簡単なのでだれでもきれいに脇毛を処理することが可能です。

また、ケノンは脇だけでなく背中やVラインなどの全身のムダ毛を処理できるので非常にコストパフォーマンスが高いです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。